栄養食

無添加のキャットフード

私達人間にとっても魅力的な「無添加」素材のフードは、飼い猫の健康に敏感な世界中の飼い主さんたちからも注目を集めています。
動物病院などの医療機関ではすでに無添加フードを推奨している所も少なくありません。
オーガニックキャットフードとも呼ばれる無添加キャットフードの特徴は、原材料に農薬などの有害な成分を使わず、添加物を配合していない文字通り無添加のフードのこと。
特徴としては、アレルギー症状が起きにくいこと、免疫力がつくことが大きな魅力です。

無添加タイプの製品にはドライフードをはじめ、ウェットフード、生食に近いウェットフード、あるいはおやつタイプのフードなど、さまざまな製品が登場しています。
実際にアレルギー症状で苦しむ猫ちゃんというのは少なくありません。
人間にとってもアレルギーは辛い病気ですから、そうした疾患を未然に予防するためにも、子猫のうちから無添加キャットフードを与えてあげることが一つの方法です。

オーガニックキャットフードには、人口甘味料や着色料などが使われていません。
手の込んだフードになると、原材料の栽培から既に化学肥料を使用していないものもあります。
また最近では生活習慣病の予防のため、塩分が最初から控え目に調節されているフードも増えており、より猫ちゃんの健康状態に配慮された食品が増えています。

「キャットフード」は生の肉や魚でもない限り、ほとんど全てが人工的に作られている製品です。
基本的には保存料などの添加物を少なからず含んでおり、それらの成分を摂取していくと体内に蓄積され、腎臓や肝臓などの臓器に害を与える可能性があります。

無添加キャットフードは、子猫や病気療養中の成猫、老齢で免疫力が落ちた猫におすすめです。
子猫は大人になるための体づくりを、成猫は病気の早期治癒や老齢期の体力維持に効果があります。
通常のフードに比べて値段が割高な製品も少なくありませんが、猫ちゃんの末長い健康を応援してあげるためにもぜひ試していただきたいフードです。

Copyright(C) 2013 大切な猫のために必要な事 All Rights Reserved.